/

この記事は会員限定です

米金利上昇への注目度高まる 株高のブレーキに

証券部 増田由貴

(更新) [有料会員限定]

株式市場で、米金利の上昇と株高期待の綱引きが強まってきた。11日の米市場では米10年債利回りが1.14%と昨年3月以来の水準に上昇し、テスラ株は8%安、アップルやアルファベットが2%下落とハイテク株の下げが目立った。

12日の東京市場でも、成長株の代表例だったエムスリーが一時3%安と下落した。一方、三菱UFJフィナンシャル・グループなど金利上昇がプラスになる銀行株は買われた。

低金利を前提にIT(情報技術)やハイテク株の高い予想PER(株価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン