/

この記事は会員限定です

米低格付け債にマネー 金利上昇に耐性との見方

[有料会員限定]

米国の長期金利上昇が幅広い債券の価格下落(利回りは上昇)をもたらしている。そのなかで、マネーが向かっているのが米低格付け債だ。負債が多い企業は金利上昇に弱く、低格付け債に逆風になりそうなものだが、投資適格債と比べても底堅い。金融環境の悪化を知らせる「炭鉱のカナリア」と呼ばれる低格付け債の動きは今、何を示しているのか。

「割安に放置されているトリプルC格以下の銘柄に投資機会があると考えている」。フィ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン