/

この記事は会員限定です

企業目標としての「ネットゼロ」

十字路

[有料会員限定]

日本を含め、主要国の気候変動政策の目標が2050年までのカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量の実質ゼロ)達成に収れんしてきた。その中で、産業革命時からの温度上昇を「2度より十分低く抑える」というパリ協定の目標は、多くの国が政策を軌道修正したことで事実上「1.5度」に書き換えられつつある。

一定期間に排出される温暖化ガスを相殺して、正味の排出量をゼロにするネットゼロの目標は、地球全体でみれば明快だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り531文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン