/

この記事は会員限定です

寒波で見えた電力市場の構造危機

十字路

[有料会員限定]

電力市場が未曽有の危機に直面している。昨年12月初めに5円(キロワット時)程度だった日本卸電力取引所(JEPX)のスポット価格が直近で200円強にまで急騰した。一般家庭の電力料金が20円台なので異常な水準だ。

背景には幾つかの要因が考えられる。年末から日本列島は寒波に襲われ電力需要が急増。しかも液化天然ガス(LNG)などの燃料が極端な品不足になっている。

福島第1原発の事故以来、日本の発電用燃料は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン