/

この記事は会員限定です

日銀が18~19日に政策点検、市場への影響は

[有料会員限定]

日銀が18~19日の金融政策決定会合後に示す緩和政策の点検に、市場の注目が集まっている。上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)の買い入れが変更されれば、株価などに与える影響が大きくなりかねないためだ。2月以降は株価が下がった日もETFが買い入れされにくくなっているなど、すでに介入姿勢に変化の兆しが出ている。緩和政策点検の見通しと市場への影響を市場関係者に聞いた。

日銀点検、ETF買い入れ額は柔軟姿勢を強調か ニッセイ基礎研究所チーフ株式ストラテジスト・井出真吾氏

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン