/

この記事は会員限定です

りそな18%減益、前期、与信費用増が重荷

[有料会員限定]

りそなホールディングスが11日発表した2021年3月期の連結純利益は前の期比18%減の1244億円だった。新型コロナウイルス禍の長期化を見すえ、融資先の経営悪化に備えた与信費用を予防的に積み増したことが響いた。投資信託やファンドラップの販売は好調だったが補えなかった。

本業のもうけを示す実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン