/

この記事は会員限定です

コロナ下で増収の中堅、Eストアー1位 DX・巣ごもりで

(更新) [有料会員限定]

日本経済新聞が売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、2021年3月期の増収額見通しをランキングしたところ、上位は新常態に対応したビジネスモデルの転換を支援する企業が目立った。1位は企業の電子商取引(EC)サイトの構築や運営代行を手掛けるEストアー。自ら購買行動の分析や集客代行も手掛け、支持を集めている。

1位 Eストアー、EC構築支援で売上高倍増

「20年の4月に潮目が変わった」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2529文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン