/

この記事は会員限定です

明電舎、25年3月期営業利益率6%目指す

[有料会員限定]

明電舎は2025年3月期をめどに売上高営業利益率で6%を目指す方針だ。21年3月期見通しの2倍に引き上げる。来期から4年間の経営計画づくりを進めており、電気自動車(EV)向けモーターやインバーターなどの販売を伸ばすことが軸になる。日本や各国政府がEVなどの普及を進める政策を掲げており、増産に向けた体制も整える。

このほど日本経済新聞の取材に応じた明電舎の三井田健社長は「営業利益率は長期ビジョンでは10%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン