/

この記事は会員限定です

急騰銘柄狙う売り方 相場膠着、調整見込む

証券部 須賀恭平

[有料会員限定]

急上昇した株式相場を注意深く観察すると、説明のつきにくい急騰をした銘柄があちこちにみられる。相場の上値が重くなるなか、こうした銘柄の下落に収益機会を見いだすヘッジファンドなど売り方の動きが強まってきた。

「お金が落ちているように見える」。老舗の日本株ヘッジファンド、エピック・パートナーズ・インベストメンツの武英松社長はこう話す。同社は相場の方向感に賭けず、割高株を売り、割安株を買うことで利益をあげ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン