/

この記事は会員限定です

東芝、統治巡り株主が疑義 臨時総会の争点は

[有料会員限定]

東芝は18日、東京都内で臨時株主総会を開き、筆頭株主など2つのアクティビスト(もの言う株主)が出した株主提案を審議する。2つの株主は東芝の昨年の定時株主総会の運営に不備があったなどとして、企業統治に疑義を呈する。東芝は株主提案に反対を表明している。他の株主がどう判断するか注目される。

東芝は昨年12月、2つの大株主から株主提案の審議を目的に臨時総会を招集するよう求められ、今年1月に議決権の基準日を2月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン