/

この記事は会員限定です

社債市場に「ゆがみ」 日銀買いの影響拡大

[有料会員限定]

社債市場で、特定の社債の人気が過熱する「ゆがみ」が顕著になっている。背景にあるのが日銀による購入だ。投資家が、日銀が購入する社債を仕込んで日銀に売却する「日銀トレード」が活況になり、価格への影響が強まっている。社債の利回りを抑える日銀の狙い通りとはいえ、企業の信用力や利回りではなく日銀が買うかどうかで社債が選別されるいびつさも目立つ。

11日、ある社債ファンドマネジャーは複数の社債のどれに投資するかて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン