/

この記事は会員限定です

パーク24、最終赤字400億円強に拡大 20年10月期

[有料会員限定]

貸し駐車場大手パーク24は2020年10月期の連結最終損益が400億円強の赤字(前の期は123億円の黒字)になったようだ。従来予想(255億円の赤字)を150億円以上、下回る。国内の駐車場やカーシェアはレジャー客の利用が従来の想定よりも伸び営業赤字幅は計画より小さくなったが、新型コロナウイルスが流行する海外で子会社の、のれんの減損損失が膨らんだとみられる。

国内市場が成熟する中で、パーク24はこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン