/

この記事は会員限定です

菅政権 3月危機説の行方は

大機小機

[有料会員限定]

永田町と兜町で「3月危機」という言葉が今ごろの時期、さかんに聞こえた時代があった。バブル経済の崩壊と金融危機が襲った1990年代、年度末の株価が企業業績、ひいては経済全般に影響を与えることから、自民党の山崎拓氏らは景気のいい経済対策の規模を何度もあげて「口先介入」でなんとか株価を上昇させようとしていた。

その3月危機が最近、永田町で取り沙汰される。スタートダッシュに成功して7割を超える内閣支持率を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン