/

この記事は会員限定です

脱炭素競争 残る時間は少ない

十字路

[有料会員限定]

環境を重視した投資などを通して景気を改善させる「グリーンリカバリー」の発想を欧州連合(EU)が提示したのをきっかけに、2020年は主要国で気候変動への取り組みが進んだ。しかし脱炭素化は、これまでの国際的な協力テーマから国家間の激しい産業競争の場に変わってきている。

競争で優位に立っているのは欧州だろう。20年にはすでに、EUで発電量に占める再生可能エネルギーの比率が化石燃料を上回っており、洋上風力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り535文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン