/

この記事は会員限定です

SBI子会社、第三者委設置 「貸付先に重大な懸案」

[有料会員限定]

SBIホールディングス(HD)は、ネット経由で投資家から募った資金を事業会社に貸し付ける事業を手掛ける子会社の案件で、貸付先の企業に「重大な懸案事項」がある可能性があるとして第三者委員会を設置した。

子会社はSBIソーシャルレンディング(東京・港)で、ネットで募った資金をファンドを経由して貸し付けている。昨年11月から12月にかけて、同社の運営する2ファンドで貸付先の企業から期日までに元本が返済されず、デフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン