/

この記事は会員限定です

「中国買い」で株高弾み 「景気敏感」シフトも進む

鉄鋼、昨年来高値に

[有料会員限定]

9日の東京株式市場で日経平均株価が午後に「中国政府系ファンドが中国本土株安を緩和するため介入した」との観測が浮上して上昇に弾みが付いた。同日は朝方から米長期金利高を受けて成長株から景気敏感株への資金シフトが進み、業種別で鉄鋼株は昨年来高値を更新した。最近の日経平均が方向感に乏しいなか、投資家の銘柄入れ替えが日中の株価変動に拍車をかけているとの指摘がある。

この日の日経平均は前日比ほぼ横ばいで寄り付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン