/

この記事は会員限定です

ルネサス、のれん1兆円の重責 半導体活況も解けぬ警戒

証券部 長谷川雄大

[有料会員限定]

半導体大手のルネサスエレクトロニクスが3社目の大型買収に踏み切った。2017~19年に実施した1兆円規模の買収効果がようやく現れてきたさなか、8日に英半導体大手ダイアログ・セミコンダクターを6100億円超で買収すると発表。今後は約1兆円の「のれん」が重くのしかかる。収益を圧迫するリスクがあり、投資家の視線は車載半導体の需給逼迫のうたげから、統合効果のさらなる早期具現化に移っている。

「製品や技術、Go To Market...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1653文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン