/

デジタル証券、個人が毎日売買可能に 三菱UFJ信託や野村

三菱UFJ信託銀行や野村証券、SBI証券は9日、デジタル証券を一般投資家向けに販売すると発表した。不動産や社債など非上場資産をデジタル証券化し、投資家は三菱UFJ信託のシステムを通じて毎日売り買いできる。こうした仕組みは日本で初めて。第1弾として居住用不動産を対象とする。

従来は一部の機関投資家など限られた投資家にのみに販売するケースが多かった。投資家が売り買いする流通市場の整備も十分でなかった。売買システムは三菱UFJ信託銀行が担う。

第1弾の投資対象は不動産運用会社のケネディクスが持つ居住用の不動産で、8月3日から申し込みを受け付ける。不動産1件ごとにデジタル証券の形にして、野村証券とSBI証券が顧客に広く販売する。売買したい投資家は野村証券やSBI証券に口座を開設し、期日までに資金を振り込む。

証券会社の店頭やネットなどで価格を確認して売買する。投資に必要な金額は200万円以上になる見通し。

買い取った顧客はデジタル証券の配当金を定期的に受け取れるほか、証券会社を通じて売買できる。買った値段よりも値上がりすれば売却益を得られる。

デジタル証券はブロックチェーン(分散型台帳)を使って、有価証券をデジタル化したものを指す。取引コストが低く抑えられるうえ、比較的規模の小さい不動産や社債などを迅速に証券化し、小口で取引できるメリットがある。発行する企業は資金調達の幅が広がる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン