/

この記事は会員限定です

リクルート、くすぶる株売り圧力1兆円 活路は海外

証券部 古川湧

[有料会員限定]

リクルートホールディングス株が持ち合い解消に伴う売り圧力にさらされている。12月上旬、電通グループなど8社が金額ベースで3700億円強のリクルート株を売却し、海外投資家がすべて引き受けた。これとは別に、なお1兆円を超える売り出し予備軍が控えており、来年以降も続く可能性がある。無難にこなせるかは海外投資家をつなぎ留められるかがカギを握る。

電通や凸版印刷など8社が約9500万株(発行済み株式の6%弱)のリクルート株を売り出した。持ち合い解消によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1864文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン