/

この記事は会員限定です

カイゼンの須藤CEO「商談の成約率、DXで改善」

[有料会員限定]

企業のウェブサイト改善などを手がけるKaizen Platform(カイゼンプラットフォーム)が22日、東証マザーズに上場する。須藤憲司・代表取締役最高経営責任者(CEO)に、事業の概要や今後の戦略を聞いた。

――事業内容について教えてください。

「企業のウェブサイトのレイアウト改善や動画広告の作成、営業資料のDX(デジタルトランスフォーメーション)化などを通して、顧客のCVR(成約率)向上を支...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

もうすぐ上場します

新規株式公開(IPO)を目前に控えた企業の事業内容や上場後の成長戦略は。日経新聞電子版「もうすぐ上場します」コーナーでは経営トップのインタビューをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン