/

この記事は会員限定です

オリンパス竹内康雄CEO「CFOはトップの懐刀」

市場と企業(上)財務力を磨く インタビュー

[有料会員限定]

オリンパスは2021年3月期に、カメラ事業の売却、医療関連事業のM&A(合併・買収)など相次ぎ重要な経営判断を下した。19年に掲げた経営計画を、新型コロナウイルス禍でも推し進めている。経理部でキャリアをスタートし、最高財務責任者(CFO)を経て最高経営責任者(CEO)となった竹内康雄氏に財務トップの役割について聞いた。

ーー企業経営の中でCFOに求められる役割とは何でしょうか。

「時代の変化と個社の状況のか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン