/

この記事は会員限定です

株、海外指数も軒並み高値更新 日経平均2万8000円台

[有料会員限定]

8日の東京株式市場で日経平均株価が2万8139円と30年ぶりの高値を更新した。米バイデン次期政権が財政拡大を進めるとの期待に加え、当面は金融緩和が続くとの見方から新年に入って海外の株価指数も軒並み高値を更新している。

相場の先行きへの楽観論が株高を支える構図は、海外市場でも鮮明だ。2020年末に比べて独株式指数(DAX)や仏CAC40は7日までに2%前後上昇。DAXは史上最高値を更新、CAC40は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン