/

この記事は会員限定です

株、マネー流入やまず 日経平均30年半ぶり2万9000円 

急ピッチの上昇、過熱感も

[有料会員限定]

株式市場へのマネー流入が止まらない。8日の東京市場では日経平均株価が30年6カ月ぶりに2万9000円台を回復した。新型コロナウイルス対応の巨額の経済・金融政策が打たれているところにワクチン接種の進展などが加わり、経済正常化による景気回復期待が広がった。ただ急ピッチの株価上昇には過熱感もみられ、「バブル」を懸念する声も聞かれる。

8日の日経平均終値は前週末比609円高の2万9388円で引けた。2万9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン