/

ソフトバンクG4~12月、純利益最高の3兆円 株高寄与

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
オンラインで決算発表するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(8日)

ソフトバンクグループ(SBG)の業績が拡大している。8日発表した2020年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比6.4倍の3兆551億円と同期間で過去最高になった。世界的な株高を追い風に、投資ファンド「ビジョン・ファンド」の運用成績が改善した。通信子会社ソフトバンクも堅調だった。

4~12月期としてはトヨタ自動車の17年4~12月期(2兆131億円)を上回り、日本企業で過去最高となる。年間ベースでもトヨタの2兆4939億円(18年3月期)が最高で、3兆円を超えた企業はない。

投資先の企業価値が改善し、ファンド事業の投資損益が2兆7287億円の黒字(前年同期は7290億円の赤字)と改善した。物流や消費者向けサービス分野の投資先の価値上昇が目立った。昨年12月に投資先の米料理宅配大手ドアダッシュが上場。米ウーバーテクノロジーズなど他の大型投資先も堅調だった。

1号ファンドの設立以来の累計投資利益は昨年12月末時点で204億ドル(約2.1兆円)と、同9月末の74億ドルから上積みした。自己資金で投資している2号ファンドも投資先の上場などに伴い投資利益を計上した。

SBG本体による投資事業も8464億円の利益を計上した。投資先の米通信大手TモバイルUS株の一部売却などが寄与した。

SBGは新型コロナウイルスの感染拡大による株式相場の混乱を受け、20年3月に総額4兆5000億円の資産売却計画を発表。すでに計画を上回る規模の資産を売却・資金化した。傘下の英半導体設計大手アームの売却でも合意している。

20年10~12月期の純利益は1兆1719億円と前年同期比21倍となった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン