/

この記事は会員限定です

株、「警戒」の買いで上昇 近づく米インフレの壁

証券部 山下晃

(更新) [有料会員限定]

世界的な株高と同時にじりじりと米長期金利が上昇し、10年債利回りは約1年ぶりとなる年1.2%に達した。米国をはじめ各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が進捗して経済正常化への期待が高まるが、目先に大きな壁も立ちはだかる。米国では前年の落ち込みの反動でインフレ率の上昇が不可避。これが長期金利をさらに押し上げ、株価の一段高を阻む可能性もある。

「警戒の買い」。ゴールドマン・サックス証券の石橋隆行氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン