/

この記事は会員限定です

世界の年金基金、オルタナティブの運用比率が上昇

注目リポートから

[有料会員限定]

日本や欧米など世界の年金基金が、株式をはじめとする伝統的な資産から、未公開企業や不動産といったオルタナティブ(代替)資産に運用の一部をシフトしていることが米コンサルティング会社、ウイリス・タワーズワトソンの調査でわかった。低金利環境の長期化など運用難を背景に、収益上乗せを狙い投資先を分散する傾向が強まっている。

調査によると、日本や米国、英国、スイスなど7カ国の年金基金を合計した運用資産額は202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン