/

この記事は会員限定です

電子部品、20年10~12月最高益 車・5G向け好調 

8社まとめ、在庫調整にリスク

[有料会員限定]

電子部品大手の業績が復調している。8日までに出そろった電子部品メーカー8社の2020年10~12月期の純利益は合計で前年同期比17%増の2272億円となり、同期間として2年連続で過去最高を更新した。全四半期ベースでみても過去最高だった18年7~9月期(2273億円)に肉薄。自動車生産の回復や高速通信規格「5G」の普及による需要増を映している。ただ今後には在庫調整リスクが台頭している。

太陽誘電が8日に発表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン