/

この記事は会員限定です

書類デジタル化のAIインサイド、顧客層広げた3つの強み

証券部 堤健太郎

[有料会員限定]

AI inside(AIインサイド)は請求書など手書きの書類をデジタルデータに変換する人工知能(AI)ベンチャー。事務処理の効率化や働き方改革の機運を捉え、2021年3月期の単独営業利益は前期の4倍超を見込む。読み取り精度、手ごろな料金、安心感という3つの強みで顧客数を拡大している。書類のデジタル化の需要が旺盛なうちに、蓄積した技術で新たな収益源の開拓を急ぐ。

「年に数万枚は顧客の様々な書類を手作業で入力処理してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン