/

この記事は会員限定です

メルカリ、米国事業伸び鈍る コロナで競争激しく

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

フリマアプリのメルカリが成長の三本柱に掲げる米国事業で、新型コロナウイルスの思わぬ逆風に見舞われている。感染が広がった当初は買い手と売り手のマッチングに配送も加えた利便性の高さで支持を集めて流通総額が拡大。悲願の黒字化が見えた矢先だったが、感染の勢いが止まらない中でライバルも相次ぎ配送サービスを強化し、競争の激しい「レッドオーシャン(赤い海)」が広がってしまった。年末商戦の売れ行きを推測すると米国事業の息...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン