/

りそなHD、百十四銀行とデジタル提携

りそなホールディングス(HD)は7日、香川県の百十四銀行とデジタル分野で提携したと発表した。りそなが手掛ける銀行アプリを提供するほか、支店での業務効率化を進める。りそながデジタル分野で提携するのは4行目。地銀のシステム負担を減らし、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進を支援する。

りそなが自社の銀行アプリを百十四銀向けに新たに共同開発し、2022年度下期にも導入する。百十四銀行は独自アプリを提供しているが、操作性などの面で切り替えを決めた。導入初年度に10万ダウンロードを目指す。店舗にアプリの仕組みを取り入れたタブレットを設置し、後方事務を少なくする仕組みの導入も検討する。

りそなは常陽銀行と足利銀行を傘下にもつめぶきフィナンシャルグループ(FG)や京葉銀行とも銀行アプリの導入などデジタル分野で提携している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン