/

この記事は会員限定です

1兆円企業トップの報酬、9887万円 6年ぶり減

〈とれたてリポート〉デロイトトーマツグループ・三井住友信託銀行

[有料会員限定]

大企業のトップが受け取る報酬額が6年ぶりに減少に転じた。デロイトトーマツグループと三井住友信託銀行が公表した「役員報酬サーベイ(2020年度版)」によると、大企業の20年の社長報酬額(中央値)は9887万円と前年を0.6%下回った。前年まで全体を押し上げてきた変動報酬の導入が一巡したほか、新型コロナウイルス禍で報酬の減額などが相次いだことが響いた。

調査は02年から実施しており、今回は20年6~8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン