/

この記事は会員限定です

大手行、脱炭素へ出遅れ挽回 排出算定のルール作り参画

[有料会員限定]

日本の大手銀行が脱炭素に向けた国際ルール作りに相次ぎ参加している。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は温暖化ガスの排出量を実質ゼロとするための戦略作りに参画するほか、みずほFGは排出量の測定基準を作る作業に乗り出した。ルールの策定は欧米の金融機関が先行している。邦銀は出遅れを挽回し、融資先や銀行自身が脱炭素に取り組みやすいルールをつくり競争力を高める狙いだ。

三菱UFJが戦略作りに参画する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン