/

この記事は会員限定です

「安易な遠隔監査、不正増の懸念も」 会計士協会副会長

監査新常態

[有料会員限定]

新型コロナウイルスがもたらした会計監査の新常態は、会計士の役割にも変化を促している。課題や将来像について、日本公認会計士協会の小倉加奈子副会長に聞いた。

――コロナの感染拡大で会計監査のリモート(遠隔)化が進みました。

「2020年3月期の監査業務が4月の緊急事態宣言の期間と重なった。在宅勤務比率を7割とする政府からの要請もあり前例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン