/

この記事は会員限定です

KKR、アジア新ファンド「日本向け3割に」 新興IT投資増

[有料会員限定]

米大手投資ファンドのKKRがアジア太平洋地域を対象とするプライベートエクイティ(PE=未公開企業投資)ファンドを総額150億ドル(約1兆6500億円)で設立した。アジアPE部門共同代表の平野博文氏(KKRジャパン社長)は6日、日本経済新聞の取材で「資金の3割程度を日本に振り向ける」と述べた。大企業の非中核事業の切り離し(カーブアウト)の受け皿となるほか、新興IT(情報技術)企業への投資も拡大する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン