/

この記事は会員限定です

「プライム銘柄」はや選別 東証の市場再編で売買交錯

証券部 和田大蔵、増田咲紀

[有料会員限定]

東京証券取引所が2020年末に公表した新たな市場区分を受け、投資家の間で銘柄選別が始まった。東証1部に代わる実質最上位のプライム市場に採用されるために政策保有株(持ち合い株)の売却が進むとの思惑から、関連銘柄は売りを浴びる。一方、プライムに「昇格」が期待される銘柄には資金が流れ込む。市場再編は21年の主要テーマとなりそうだ。

「今年の政策保有株売りは特に大きくなる恐れがある」と東海東京調査センター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン