/

この記事は会員限定です

株、活路はバフェット流選別 成長・割安の二兎を追う

本脇賢尚

[有料会員限定]

年初から続いたバリュー(割安)株ラリーが一巡し、足元で方向感の読めない相場展開が続く。その中で投資家が注目するのが、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏流とされる「GARP」と呼ばれる銘柄選択の手法だ。グロース(成長)株に割高感がつきまとうなか、中長期的な成長性から見て割安な銘柄を発掘する動きが広がる。

6日の東京株式市場で日経平均株価は前日比392円安と反落し、再び3万円の大台を割り込んだ。幅広...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン