/

この記事は会員限定です

日産、最終赤字850億円縮小 21年3月期予想

社長「構造改革が進展」「半導体不足の影響最小限に」、20年4~12月決算会見

(更新) [有料会員限定]

日産自動車は9日、2021年3月期の連結最終損益が5300億円の赤字(前期は6712億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想の6150億円の赤字から、赤字幅が850億円縮小する。カルロス・ゴーン元会長の拡大路線を修正する構造改革の進展が寄与する。ただ新型コロナウイルス禍などを受けた販売不振から大幅な赤字は避けられない。

午後4時30分から20年4~12月期の連結決算の記者会見をオンライン形式で開いた。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2464文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン