/

この記事は会員限定です

ロイヤルHD、「てんや」改革で探るウィズコロナの一歩

証券部 河端里咲

[有料会員限定]

外食大手のロイヤルホールディングス(HD)の苦境が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大で外食のほか、機内食やホテル事業が落ち込み、2020年12月期の最終赤字は280億円(前の期は19億円の黒字)と過去最大だ。リストラの余地も狭まる中で、売上高を伸ばすために進めるのが天丼チェーン「てんや」の改革だ。コロナ禍の赤字を少しでも抑えながら、ウィズコロナ時代の生き残り策を探っていく。

東京都など首都圏の1都3県に緊急事態宣言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1882文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン