/

ミネベアミツミ、純利益2%減に上振れ、軸受け堅調

ミネベアミツミは5日、2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比2%減の450億円になりそうだと発表した。従来予想(15%減の390億円)から60億円上方修正した。主力の軸受け(ベアリング)やゲーム機向け部品の販売が想定を上回る。

売上高は微増の9800億円と従来予想(4%減の9400億円)から一転、増収に転じる。主力のベアリングは家電向けなどで引き合いが強い。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」などゲーム向けも好調で、営業利益は1%減の580億円と従来予想から80億円上方修正した。

同日、未定としていた期末配当を前年実績と同じ14円とすると公表した。中間配当実績と合わせ、年間配当は28円となる。決算会見を開いた貝沼由久会長兼社長は「半導体の需給逼迫などを考慮し、営業利益見通しは保守的にたてた」と指摘した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン