/

この記事は会員限定です

東証、企業の英文開示を支援 様式や翻訳例など紹介

[有料会員限定]

東京証券取引所は5日、上場企業を対象に英文開示を支援するための特設サイトを開設したと発表した。決算短信など英語で開示する資料の様式例や、専門用語の日英対訳集などを提供する。企業の負担低減につなげ、海外投資家への情報提供を拡充する。

新設した「JPX イングリッシュ・ディスクロージャー・ゲート」では、海外での投資家向け広報(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン