/

この記事は会員限定です

「割安株探し」急ぐ投資家 変わる前提、地銀株に脚光も

証券部 大西康平

(更新) [有料会員限定]

長期金利が上昇し始めたことを受け、保有株を業績などに照らして割安な銘柄に入れ替える投資家が増えてきた。景気回復と低金利環境の継続という前提が変わり、ハイテク株さえ持っていれば上昇相場についていけた状況が変わりつつあるためだ。他の投資家に先んじて有望な割安株を発掘し、資産構成を組み替えられるかが今後の勝敗を左右しそうだ。

「ようやく目利き力で勝負できる相場になってきた」――。きわめ投資で「ロング・シ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン