/

この記事は会員限定です

リクルートHD、一時8%安 割高感が下げ増幅

銘柄診断

[有料会員限定]

5日の東京株式市場でリクルートホールディングス株が一時、前日比398円(8%)安の4867円まで下落した。業績は堅調だが、株価は上場来高値圏にあり、株価指標面でも割高感が強まっていた。米長期金利の上昇をきっかけに相場全体が下げる中、同社株の利益確定売りが膨らんだ。

終値は334円(6%)安の4931円で、売買代金は前日の2.4倍に膨らんだ。

リクルートは主力の求人サイト「インディード」が好調で、岩井コスモ証券の川崎朝映シニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン