/

この記事は会員限定です

グローバリゼーション2.0

十字路

[有料会員限定]

格差や貧困問題、環境破壊、イスラム過激派の台頭などの直接、間接の原因としてグローバリゼーションが批判されることが多い。しかし2021年の課題を見据えたとき、必要なのはその否定ではなくバージョンアップだろう。

過去数世紀にわたって西側諸国の影響力は拡大し続け、ピークが1970年代から2010年前後までの「グローバリゼーション1.0」といえる。自由市場と民主主義を共有する西側、直近では米国が作り出す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン