/

この記事は会員限定です

「緊急事態」に市場警戒 日経平均、一時400円超安

円は対ドルで10カ月ぶり高値

[有料会員限定]

2021年最初の取引となった4日の金融市場は、新型コロナウイルス感染拡大への懸念に揺さぶられた。菅義偉首相が緊急事態宣言の再発令の検討に入ると表明。景気回復が遅れるとの見方が広がり、日経平均株価は20年末比で一時400円超下げた。投資家のリスク回避の円買いが進み、円は一時1ドル=102円台後半と10カ月ぶりの円高水準まで上昇した。

日経平均は続落し、20年末比185円(0.7%)安の2万7258円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン