/

この記事は会員限定です

不良債権ファンド、世界で10兆円調達へ コロナで活発

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大による経営環境の悪化に伴い、企業の不良債権などを買い取るファンドが世界で活発になっている。ファンド設立の動きが相次ぎ、現在準備中のファンドの調達目標額は約1010億ドル(約10兆円)に達する。新型コロナの打撃が比較的少ないとされる日本でも、投資機会を探る動きが出ている。

「10年に一度の機会」。不良債権投資に強みを持つ米ファンド、ストラテジック・バリュー・パートナーズのビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン