/

この記事は会員限定です

株価も「ドーナツ化」現象 都市店舗型、人気薄れる

証券部 和田大蔵

[有料会員限定]

消費サービスや不動産関連の銘柄について営業エリアに着目する投資家が増えている。新型コロナウイルス下でのテレワークの定着に伴い、郊外に軸足を置く銘柄は業績拡大期待から買われる半面、都市型は低調な値動きが続く。東京からの人口流出なども起きており、一過性のテーマではなく構造的変化と捉える向きが強まっている。

新型コロナの打撃が大きい外食業界において人気銘柄となっているのが、すしチェーンのスシローグローバルホールディングスだ。4日は逆行高となり高値を更新した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン