/

この記事は会員限定です

SGHD荒木社長「宅配の採算重視を徹底」

下期の財務戦略を聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下でも巣ごもり需要で好調なのが陸運業界だ。佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(HD)は宅配便需要の急拡大で2021年3月期の純利益は過去最高の見通し。荷物の増加への対応や採算管理について、荒木秀夫社長に戦略を聞いた。

――巣ごもり需要が継続しています。

「20年のクリスマスシーズンは前年実績を最大14%上回る1日当たり670万個の荷物を届けた。海外に比べ遅れていた電子商取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン