/

この記事は会員限定です

CFOが変える日本の経営 資本政策テコに改革

市場と企業 財務力を磨く(上)

[有料会員限定]

世界の変化が激しく、ものづくりやサービスの質の高さだけでは企業は生き残れない時代になった。キャッシュを生み出し、投資や還元に振り分ける力が問われるようになり、財務力に脚光が当たっている。財務人材が社内のデジタル化も担い、改革をけん引する姿が目立ってきた。

2020年4月、医療機器大手オリンパスに新たな最高財務責任者(CFO)が着任した。前年までアステラス製薬でCFOを務めた武田睦史氏だ。「世界企業にスピードでも能力でも劣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン