/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、アリババの次も中国 好決算にリスクは

証券部 井川遼

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソフトバンクグループ(SBG)が8日、2020年10~12月期の連結決算を発表する。4~9月期に前年同期の4.5倍、1兆8832億円と過去最高の純利益を計上した流れは変わらず、世界的な株高で利益拡大が続きそうだ。けん引役となる傘下の「ビジョン・ファンド」の投資先では中国勢の存在が目立つ。上場に向けた動きが活発化するなか、中国・アリババ集団を巡って改めて顕在化した政治リスクに懸念を抱く投資家も少なくない。

ビジョン・ファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン