/

この記事は会員限定です

日産、構造改革なお視界不良 ブランド「失速」が重荷

証券部 浅山亮

[有料会員限定]

日産自動車は9日午後、2020年4~12月期の連結決算を発表する。カルロス・ゴーン元会長の下での乱売で傷ついたブランドに復活の兆しはあるのか。「1台当たり純利益」で構造改革の進捗が見えてくる。

トヨタ自動車14万円、BMW13万円、テスラ10万円――。世界の自動車メーカーの直近決算から、1台当たり純利益をはじくと、各社のブランドの強さがうかがえる。電気自動車(EV)の米テスラは黒字転換を果たし、1台400万円以上が中心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1884文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン